「OPPO Reno9 A」「OPPO Reno5 A」のスペック・外観比較、スペックは一長一短

記事内に広告が含まれています。

「OPPO Reno9 A」「OPPO Reno5 A」のスペック、外観などの比較です。

OPPO Reno9 Aは、人気の高いRenoシリーズの2023年モデルです。同シリーズの2021年モデルOPPO Reno5 Aとは、約2年、2世代の差があります。

OPPO Reno9 Aのスペックは、OPPO Reno5 Aと比較するとメリットだけでなくデメリットもありますが、RAMやバッテリの容量増など製品としての仕上がりは向上してると感じます。機種変の候補として悪くない選択肢です。

「OPPO Reno9 A」「OPPO Reno5 A」の比較

スペック比較

機種名OPPO Reno9 AOPPO Reno5 A
OSColorOS 13
(Android 13)
ColorOS 11
(Android 11)
SoCSnapdragon 695 5GSnapdragon 765G
本体
サイズ
160x74x7.8mm162.0x74.6x8.2mm
重量183g182g
バッテリ4500mAh
18W急速充電
4000mAh
18W急速充電
画面6.4インチ
FHD+ 1080x2400
有機EL
6.5インチ
FHD+ 1080x2400
LCD液晶
内蔵
メモリ
8GB/128GB UFS 2.26GB/128GB
外部
メモリ
microSDXC 最大1TBmicroSDXC 最大1TB
背面
カメラ
広角 48MP F1.7
超広角 8MP F2.2
マクロ 2MP F2.4
広角 64MP F1.7
超広角 8MP F2.2
マクロ 2MP F2.4
モノクロ 2MP F2.4
前面
カメラ
16MP F2.416MP F2.0
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Bluetooth5.15.1
コネクタUSB Type-CUSB 2.0 Type-C
生体認証指紋(画面内)、顔指紋(背面)、顔
NFC対応対応
おサイフ
ケータイ
対応対応
テレビ--
耐久性IP68IP68
SIMnanoSIMx2+eSIM
nanoSIM+eSIM(ワイモバイル)
nanoSIMx2+eSIM
nanoSIM(ワイモバイル)
その他3.5mmオーディオジャック3.5mmオーディオジャック
発売時期2023年6月2021年6月

スペックの主な変更点は、SoC画面バッテリ容量RAM容量カメラ指紋認証です。

SoC

SoCは、Snapdragon 695 5Gに変わっています。型番的にハイミドルの765Gからミドルの695 5Gにクラスダウンとなりますが、性能的にはほぼ同等です。

SoCSnapdragon 695 5GSnapdragon 765G
CPUCortex-A78x2 2.2GHz
Cortex-A55x6 1.8GHz
Cortex-A76x1 2.4GHz
Cortex-A76x1 2.2GHz
Cortex-A55x6 1.8GHz
GPUAdreno 619Adreno 620
プロセス技術6nm7nm

CPUはSnapdragon 765Gの方が周波数が高いですが、Snapdragon 695 5Gの方がプロセス技術が新世代なので単純な比較は困難です。GPUのAdreno 619はSnapdragon 480 5Gにも搭載されているので高性能なGPUというものではありません。型番的にAdreno 620の方が上位です。

ベンチマークスコアをみると、CPUはSnapdragon 695 5G、GPUはSnapdragon 765Gが好成績ですが差は僅か。総合はほぼ同等です。普段の操作にはSnapdragon 695 5G、ゲームやマルチメディアにはSnapdragon 765 5Gの方がやや快適に動作するといった感じです。

RAM容量

OPPO Reno9 AのRAM容量は、OPPO Reno5 Aから2GB増量の8GB搭載です。6GBでも問題ないと思いますが、8GBあると安心感が違います。

同クラスを代表するスマホGoogle Pixel 7a(8GB搭載)と同容量、AQUOS sense7(6GB搭載)より多いです。同クラスのスマホとしては、8GB搭載は執筆時点で最大容量です。

ディスプレイ

OPPO Reno9 Aのディスプレイパネルは、有機ELです。OPPO Reno Aシリーズは、初代~Reno3 Aで有機EL、Reno5 AでLCD液晶、Reno7 A以降で有機ELと変遷しています。

画面サイズは、6.5→6.4インチへとダウンしますが、解像度はFHD+ 1080×2400で同じです。

カメラ

背面カメラは、OPPO Reno9 Aが3眼カメラ、OPPO Reno5 Aが4眼です。メインカメラの画素数が64MP→48MPへと下がり、モノクロカメラが非搭載となりました。また、前面カメラは、画素数こそ同じですが、F値が2.0→2.4へとスペックダウンしています。

OPPO Reno Aシリーズは、カメラがウリの1つなのでスペックダウンとなるのは残念です。しかしながら、メインカメラの48MPは、十分に高画素なのでデメリットと言えるほどではありません。

バッテリ容量

バッテリ容量は4,500mAhへと増量されています。省電力なSnapdragon 695 5Gや有機ELの搭載と合わせ、バッテリ持ちは向上しています。

指紋認証

OPPO Reno9 Aの指紋認証は、物理ボタンでなく画面内指紋認証です。指紋認証の使い勝手は、ユーザ次第なので気を付けたいポイントです。

ネットワークバンド比較

機種名/Modelネットワークバンド
Reno9 A3GB1/4/5/6/8/19
4GB1/3/4/5/8/12/17/18/19/26/28/38/40/41/42
5GBn3/n28/n41/n77/n78
Reno5 A3GB1/2/4/5/6/8/19
4GB1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28/38/39/40/41
5GBn3/n28/n77/n78

外観比較

前面

背面

「OPPO Reno9 A」の販路

キャンペーン情報

ワイモバイル:OPPO Reno11 Aが18,000円~

ワイモバイルは、OPPO Reno11 Aが新規・MNPで21,600円(S)、機種変更で18,000円(M/L)、機種変更で23,760円。OPPO Reno9 Aが機種変更で10,800円のキャンペーンも実施中(在庫限り)。

IIJmio:OPPO Reno11 Aが急速充電器付で24,800円

IIJmioは、OPPO Reno11 AがOPPO純正急速充電器(7,920円相当)が付いてMNPで24,800円、OPPO A79 5GがMNPで1,980円となるキャンペーンを実施中。9月2日までの期間限定です。

申し込みの際は必ず IIJmio 公式サイトをご確認ください。プラン内容やキャンペーン情報はすべて IIJmio 公式サイトの内容が正となります。

IIJmio:OPPO Reno11 Aが急速充電器付で24,800円

IIJmioは、OPPO Reno11 AがOPPO純正急速充電器(7,920円相当)が付いてMNPで24,800円、OPPO A79 5GがMNPで1,980円となるキャンペーンを実施中。9月2日までの期間限定です。

申し込みの際は必ず IIJmio 公式サイトをご確認ください。プラン内容やキャンペーン情報はすべて IIJmio 公式サイトの内容が正となります。

まとめ:

OPPO Reno9 Aは、OPPO Reno5 Aから2世代、約2年差となる後継機種ですが、RAM増量や有機EL化などプラスポイントがある一方、SoC性能やカメラ性能などマイナスポイントもあります。

しかしながら、省電力化、動作安定度、外装素材変更による質感など製品としての仕上がりは向上していると感じます。

OPPO Reno5 Aからの機種変更は、安定度重視ならお薦め、処理性能やカメラ性能などスペック重視なら見送り。製品の仕上がりとしては悪くないので、何を重視するかによると思います。

OPPO Reno9 Aは、OPPO Reno7 Aとスペック的な違いが少ないので安く買えるならOPPO Reno7 Aという選択も悪くないと思います。

タイトルとURLをコピーしました