Te Mobi

格安SIMとSIMフリースマホの情報をお届けするブログ

HUAWEI nova lite3とHUAWEI p20 liteのスペック比較、価格情報

投稿日:

「HUAWEI nova lite 3」が2月1日より格安SIM各社から発売されました。

HUAWEI nova lite 3は、しずく型ノッチ採用の約6.21インチディスプレイ、Kirin 710、ダブルレンズAIカメラを搭載など、ミッドロークラスのスマホながらかなり充実したスペックとなっています。

気になるのは、前モデルのHUAWEI nova lite 2との比較・・・よりも、現在でも人気が高い「HUAWEI P20 lite」との比較ということで両機のスペックを比較してみました。

HUAWEI nova lite3 vs HUAWEI p20 lite

機種名 Huawei nova lite 3 Huawei P20 lite
OS Android 9+EMUI 9.0.1 Android 8+EMUI 8.0
SoC Kirin 710 Kirin 659
本体
サイズ
73.4x155.2x7.95mm 71x149x7.4mm
重量 160g 145g
バッテリ 3400mAh 3000mAh
画面 6.21インチ
2340x1080
5.84インチ
2160x1080
内蔵
メモリ
3GB/32GB 4GB 32GB/64GB
外部
メモリ
microSDXC 最大512GB microSDXC 最大256GB
背面
カメラ
13MP F1.8
2MP
16MP F2.2
2MP
前面
カメラ
16MP 16MP
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
USB USB 2.0 micro-B USB Type-C
生体認証 指紋/顔認証 指紋/顔認証
おサイフ
ケータイ
- -
ワンセグ/
フルセグ
- -
耐久性 - -
SIM nanoSIMx2 DSDV nanoSIMx2
2G+3G/4G
その他 - -
発売時期 2019年1月 2018年6月

HUAWEI nova lite 3に搭載のKirin 710は、Kirin 659のA53+A53に対しA73+A53という構成です。ベンチマーク結果では、Kirin 710がシングルコアで約75%、マルチコアで約60%と大きく上回る結果がでています。また、GPU Turbo機能が搭載され、GPU性能でも約70%向上しており、A73による性能向上の効果が存分にあるようです。

HUAWEI nova lite 3のメモリ、ストレージは、3GB/32GBと必要最小限の搭載という感じです。ストレージが32GBと心もとないところですが、SDカードが搭載可能なので容量を増やすことが可能です。

HUAWEI nova lite 3のバッテリは3,400mAhを搭載し、Huawei P20 liteより400mAh多いです。ディスプレイが大型化されているので単純なバッテリ持ち向上は期待できないかもしれませんが、同程度以上のバッテリ持ちは維持できるのではないかと思います。

HUAWEI nova lite 3は、6.21インチの大型ディスプレイ搭載。しずく型ノッチ採用で画面占有率が高くなっています。画面解像度があがり表示できる情報量が増えているので利便性が向上しています。一方、本体サイズが3方で大きく重量も15g重く、操作性やホールド感はHUAWEI P20 liteの方が良さそうです。

HUAWEI nova lite 3のカメラには、AI機能を搭載したカメラが実装されています。背面のAIカメラは、22のカテゴリ―と500のシナリオをリアルタイムで識別し最適化を行い、色彩豊かで立体感のある写真や味わいあるボケ感を演出。前面のAIカメラは、セルフィー撮影時、8種類の背景を感知してリアルタイムで写真を最適化。F1.8の明るいレンズが搭載され、HUAWEI P20 liteよりカメラ性能はかなり良さそうです。

HUAWEI nova lite 3のコネクティビティは、唯一と言える残念な点かもしれません。802.11ac非対応、aptX対応は不明、USBがmicro-Bなど、こんなところで落としてこなくても・・・という感想です。デュアルSIMがDSDV対応なのが唯一のアドバンテージです。

全体的にみれば、新しいSoC Kirin 710搭載やAIカメラ実装のHUAWEI nova lite 3が魅力に感じます。残念に感じるコネクティビティは、USB Type-CやaptXが無いと困るという方でなければ実際のところ意識する必要はありません。

ということで、残る要素、大きさが許容できるのであればHUAWEI nova lite 3を選んでみてもいいと思います。

HUAWEI nova lite 3の価格情報

格安SIM各社から販売開始キャンペーンが実施されており、キャンペーン価格で手に入れやすくなっています。

HUAWEI nova lite 3は、まだ単体販売はありませんが、HUAWEI nova lite 2や格安SIMの販売価格を参考にすると26,000円程度と考えられます。

OCNモバイルONE

販売価格:8,800円

2年間ずっと1,280円キャンペーン実施中。

期限:2019年3月18日(月)11:00まで

OCNモバイルONE公式サイト

UQモバイル

実質価格:540円

2019年2月15日発売。

UQモバイル公式サイト

楽天モバイル

販売価格:一括9,980円、分割449円/月x24ヵ月

期限:2019年3月14日(木)9:59まで

2回線目なら5,000円割引

楽天モバイル公式サイト

IIJmio

販売価格:一括22,800円、分割980円/月x24ヵ月

3,000円分の選べるe-GIFT、初期費用1円、3ヵ月間500円割引&3GB増量のキャンペーン実施中。

期限:2019年2月20日(水)まで

IIJmio公式サイト

LINEモバイル

販売価格:一括26,880円、分割1,220円/月x24ヵ月

新規/MNPでLINEポイント5,000ポイントプレゼント、3ヵ月間300円キャンペーン実施中。
キャンペーンコード:TMTM0505

期限:2019年3月3日(日)まで

LINEモバイル公式サイト

QTモバイル

販売価格:一括26,400円、分割1,100円/月x24ヵ月

12ヵ月間990円(ドコモ回線、au回線)となるバリ得キャンペーンを実施中。

期限:2019年5月31日(金)まで

QTモバイル公式サイト

DMMモバイル

販売価格:一括26,880円、分割1,429円/月x24ヵ月

DMMモバイル公式サイト

イオンモバイル

販売価格:一括26,800円、分割1,206円/月x24ヵ月

イオンモバイル3周年記念キャンペーンとして、25歳以下のお客さまを対象とした「3年学割」を実施。

期間:2019年2月15日(金)~5月7日(火)

イオンモバイル公式サイト

まとめ

発売直後ですが、ONCモバイルONEと楽天モバイルが群を抜いて低価格で販売価格にかなり差があります。

端末が魅力的なのでサブ機、サブ回線用に確保してもいいと思います。

-スマホ
-

Copyright© Te Mobi , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.