Te Mobi

格安SIMとSIMフリースマホの情報をお届けするブログ

楽天回線対応スマホは計23機種(3月3日時点)

投稿日:

4月8日から本格的なキャリア(MNO)としてサービスを開始する楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」。

楽天回線エリア内ならデータ無制限、エリア外(au回線のローミング)なら2GB、国内通話かけ放題が2,980円(税別)で使えるだけも驚きですが、1年間無料に加え、事務手数料3,300円相当のポイント還元、オンライン契約で3,000ポイント進呈と大盤振る舞いです。

実質タダでSIMを入手しても楽天回線に対応しているスマホが無ければ使えません。3月3日時点で楽天回線対応機種として公表されているスマホは、現在Rakuten UN-LIMITとセット販売されている11機種と過去に発売された12機種の計23機種です。これ以外にモバイルルーターが計3機種あります。

楽天回線対応機種

下記は、現在Rakuten UN-LIMITとセット販売されている機種。

最大15,000円相当還元キャンペーン実施中です(5/1~終了日未定)

  • Galaxy Note10+
  • Galaxy S10
  • HUAWEI nova 5T
  • Xperia Ace
  • AQUOS sense3 plus
  • Galaxy A7
  • OPPO Reno A 128GB
  • arrows RX
  • AQUOS sense3 lite
  • OPPO A5 2020
  • Rakuten Mini

下記は、過去に発売され、楽天回線に正式対応していると発表されている機種。

  • AQUOS zero SH-M10
  • AQUOS R2 compact SH-M09
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • OPPO Reno 10x Zoom
  • OPPO AX7
  • R17 Pro
  • OPPO Find X
  • HUAWEI P30 lite(ビルド番号のカッコ内の最初の4桁が「C635」の製品)
  • HUAWEI nova lite3(ビルド番号のカッコ内の最初の4桁が「C635」の製品)

楽天回線対応機種を持っていない場合には、新たに購入する必要が出てきます。

Rakuten Mini

最安機種は「Rakuten Mini」。約3.6インチ液晶の小型なボディにおサイフケータイ、防滴・防塵(IP52)、3GB/32GB、16MP/5MPカメラなどを備えています。面白そうな機種ですが、eSIMにしか対応していない点に注意が必要です。

OPPO A5 2020

SIMの差し替え可能な機種の最安は「OPPO A5 2020」。約6.5インチ液晶、4眼カメラ、5,000mAh大容量バッテリ、デュアルSIM+microSD搭載可能なミッドレンジのスマホです。おサイフケータイ非搭載、非防水・防塵対応です。ポイント還元により実質で「Rakuten Mini」を下回ります。

AQUOS sense3 lite

おサイフケータイ、防水防塵まで求めると「AQUOS sense3 lite」。価格コムで人気のSIMフリースマホ「AQUOS sense3 SH-M12」の姉妹機でカメラ性能が異なります。ファームウェアが異なるので別物と考えた方がいいかもしれません。

OPPO Reno A 128GB

価格が1段上がりますが、ある程度の性能まで求めると「OPPO Reno A 128GB」。ミッドレンジの中でも性能の高いSnapdragon 710搭載で余裕があります。おサイフケータイ、防水防塵。楽天モバイル限定でストレージ容量128GBです。64GBモデルとファームウェアが同じなので違いはストレージ容量だけだと思われます。

楽天回線に対応していればデータ無制限なので対応端末を使うに越したことはありませんが、実際のところ、当分の間、ほとんどのエリアは、楽天回線エリア外なことを考えるとau回線(au VoLTE)に対応していれば十分ではと考えてしまいます。

楽天回線で使えるかわかりませんが、IOT完了製品に登録されている機種ならau回線への対応は問題ないはずなので、持っているなら試す価値ありです。バンド3に対応する新しめの機種なら対応となる可能性が高いです。

楽天モバイルで販売されていなかった端末でも、ファームウェアのアップデートで使える様になったという話もあるのでエリアが広がると共に、使える端末も順調に増えていきそうです。

今のところRakuten Linkのアクティベートが出来ればいいので対応端末を持っている人から端末を借りるだけでも済む話なのかもしれません。

(2020年4月8日追記)手元の海外Xperiaでデータ通信が使えたので、対応機種でなくてもデータ通信だけなら割と使える端末がありそうです。通話とSMSは、対応機種があった方がいいと思います。

データ通信だけでいいなら、1年間3,300円で使えると考えれば無理に対応端末を用意する必要はないと思います。

-SIM
-

Copyright© Te Mobi , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.