BIGLOBEモバイルの通信速度レビュー、選ぶなら断然早いタイプA!

BIGLOBEモバイルの使って1年になりますが、改めて通信速度を計測してみました。

計測にあたり、BIGLOBEモバイルで、タイプDからタイプAに無料で切り替えられるキャンペーンが実施されていたので、タイプAに切り替えてタイプAとタイプDの両方で計測をしてみました。

BIGLOBEモバイルを検討されている方、MVNOに興味のある方などの参考になれば幸いです。

BIGLOBEモバイルの通信速度

計測は、AndroidアプリのSpeedtest.netを使って1時間毎に計測しました。手動での操作のため、計測漏れの時間帯があるのはご了承ください。

尚、タイプDからタイプAに切り替えをした関係上、計測した日がタイプA(2/14)とタイプD(2/12)で異なります。この点を考慮して参考にしていただければと思います。

ダウンロード速度の計測結果

時間帯DL速度(Mbps)
タイプAタイプD
8時台31.0
9時台83.161.3
10時台33.726.1
11時台60.365.6
12時台1.76
0.80
4.07
0.33
13時台83.34.07
14時台88.827.8
15時台80.029.6
16時台80.428.6
17時台31.63.98
18時台19.03.90
19時台31.94.02
20時台31.63.93
21時台2.87
22時台29.529.7
23時台77.065.5
0時台84.575.4

計測結果を確認してみると、どちらの回線も速度が落ちる時間帯は同じ傾向にあるようです。速度が落ちるのは、8時台、10時台、12時台、17時~21時台。特に12時台の落ち込みが激しいです。12時台に速度が大きく落ち込むのは、BIGLOBEモバイルに限らずMVNO全体の特徴です。この時間帯で落ち込みが少ないのは、3キャリアとUQモバイル、ワイモバイルくらいです。

タイプAは、昼の時間帯以外では、概ね30Mbps以上です。タイプDも概ね速度が出ていますが、夕方過ぎに4Mbps程度まで低下していました。

スマホの通信速度はどれくらい出ていれば快適かと言えば、実際のところ1~3Mbps程度です。ウェブサイトの閲覧やメール、LINE、Twitter、音楽のストリーミング再生なら1Mbpsが安定して出ていれば支障ありません。動画を視聴する場合には、SD画質で3Mbps、HD画質で5Mbps程度と少し要件が上がります。

BIGLOBEモバイルは、ほとんどの時間で4Mbps程度は出ています。昼の時間帯に速度の落ち込みがありますが、動画の視聴以外なら普通に使える速度です。全体的にタイプAの方が速度が出ているので、動画を快適に見たいならタイプAを選んだ方が良さそうです。

計測結果のログ

BIGLOBEモバイルはタイプAがお薦め

BIGLOBEモバイルは、計測結果からタイプDも十分な速度が出ていますが、タイプAはそれより快適です。タイプAは、昼の時間帯を除けば30Mbps以上、中には80Mbps以上出ている時間帯も多く、MVNOとして破格の快適さと言えます。

タイプAを使う場合、端末のau VoLTE対応が必要になってきます。最新のSIMフリー端末の中にはau VoLTEに対応している機種が増えていますが、動作確認が取れていない機種もあるので注意が必要です。SIMロック解除したドコモやソフトバンクの端末は、動かない可能性が高いのでお薦めしません。

BIGLOBEモバイルで取り扱いのある機種は、全てau VoLTE対応なので安心してタイプAが使えます。キャンペーンで最安1円~と結構安く手に入るので端末の入手を検討している方にお薦めです。

対応端末がないという場合でも、タイプD→タイプAへの切り替えがキャンペーンで無料なので、最初はタイプDでスタートして、端末を入手したらタイプAに切り替えるといった使い方もできます。切り替えると、6ヶ月間500Gポイントが貰えるので意外とお得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました