Te Mobi

格安SIMとSIMフリースマホの情報をお届けするブログ

ワイモバイル、2019年10月からの新プラン/新制度で押さえておきたい点

投稿日:

2019年10月から分離プランの影響により、携帯電話業界はこれまでの制度から大きく変化しました。

ワイモバイルでも新プラン/新制度が発表・導入され、基本使用料の値下げや月額割引の廃止など大きく変化しています。

まだ導入から間もないということもあり、イマイチ把握できてない方もいると思います。実際、私自身がそうなのですが、状況を把握するために押さえておきたい点をまとめてみたのでよくわからないという方は参考にしてみてください。

ワイモバイル、2019年10月からの新プラン要点

スマホ向けプラン

スマートフォン向け新プランの主な旧プランからの変更点は、下記の6点です。

  • メインプランが「スマホプラン」から「スマホベーシックプラン」に変更
  • 基本使用料を300円値下げ
  • 「プランL」廃止、「プランR」新設
  • 高速データ通信容量を増量
  • 期間縛りなし、解除料0円
  • 「ワンキュッパ割」廃止、「新規割」新設

新旧プランを表にして比較すると下記の通りです。括弧は、データ増量オプション適用時のデータ通信容量です。

スマホプラン
~2019年9月30日
スマホベーシックプラン
2019年10月1日~
プランS
2,980円
2GB(3GB)
プランS
2,680円
3GB(4GB)
プランM
3,980円
6GB(9GB)
プランS
3,680円
9GB(12GB)
プランL
5,980円
14GB(21GB)
プランR
4,680円
14GB(17GB)
2年契約
解除料9,500円
縛りなし
解除料0円
国内通話無料(10分/回)
ワンキュッパ割
12ヵ月間1,000円割引
新規割
6ヵ月間700円割引
おうち割光セット(A)
または
家族割引サービス
500円割引

「スマホベーシックプラン」は、厳密に言えば新プランではなく、期間縛りのないプランとして従来から存在していたプランです。「スマホプラン」と比べるとかなり割高の不人気プランでしたが、情勢が変わったことで表舞台に登場してきた流れです。

新プランでは、「ワンキュッパ割」が「新規割」に変わり割引総額が減ってしまいましたが、期間縛りなし、解除料0円でありながら維持費が満額でも月額2,680円~と安く、非常に使い勝手が良くなっています。

旧プランからの切り替えが条件付きで可能

旧プランから新プランへは、下記のいずれかの条件を満たす場合に切り替えが可能です。

  • ワイモバイルを継続して2年以上利用していること
  • 機種変更と同時に「スマホベーシックプラン S/M/R」あるいは「ケータイベーシックプランSS」を契約すること

2年以上利用している方は、基本料金が下がり、解除料もなくなるので新プランに切り替えるのが得策です。プランS/Mなら増量オプションなしで、これまでのデータ容量が維持できます。

旧プランLは見直しが必要

プランRは、新プラン発表時、高速データ通信容量が旧プランM(6GB)とL(14GB)の中間の10GB、基本使用料も中間の4,680円という内容でしたが、その後のデータ通信容量増量の発表により14GBに増量されました。

これにより、旧プランLと新プランRは、基本データ容量が同量でありながら、基本使用料は1,300円差という不均衡な状況になってしまいました。これは、最初にプランRとしていたことを考えると、ワイモバイルとしては想定外だったのではないかと思います。

プラン 旧プランL 新プランR
データ容量 14GB(21GB) 14GB(17GB)
基本使用料 5,980円 4,680円

データ増量オプションによる恩恵があると言えない事もないですが、3年目以降はその恩恵がなくなるので確実に条件が悪くなります。

出来ればワイモバイル側の救済が欲しいところですが、旧プランL契約者は、3年目以降に契約の見直しをした方が良さそうです。

ケータイ向けプラン

ケータイ向けプランもスマホ向けプランと同様、2年縛りの「ケータイプランSS」から縛りなし、解除料0円の「ケータイベーシックプランSS」と変わっています。基本使用料は、月額934円から変わっていません。

細かい変更点として、これまで一部の機種以外で必須だった「ベーシックパック(月額300円)」がオプションとなっています。ベーシックパックがあると、パケット誤発信による高額請求の不安がありましたが、これが解消されたことでこれまで以上に使い勝手が上がっています。

若干値段があがりましたが、2台持ちに最適な月額2,319円(税込)の完全かけ放題な端末が引き続き作れます。

ワイモバイル、2019年10月からの新制度要点

期間縛りなし、解除料0円

新プランの方でも書いていますが、新制度では期間縛りのない「ベーシックプラン」となっています。

また、期間縛りのほか最低利用期間も無くなり、期間中の解約という状況が無くなり解除料が発生する状況もなくなりました。新プランでは、基本的に解除料が0円なので、今後は解除料を気にする必要はなさそうです。

ただし、旧プランを契約している場合、解除料はこれまで通り発生するので注意が必要です。

6ヶ月以内の転出費用3,000円に減額

10月1日以降、新規契約から6ヶ月以内のMNPまたは番号移行をした場合のMNP転出手数料・番号移行手数料が6,000円から3,000円に減額されています。ワイモバイルに限らず、短期転出者向けの手数料上乗せも廃止の模様です。

転出手数料は、これまで通り3,000円かかるので間違えないようにしてください。

「月額割引」廃止、自己負担上昇?

新制度になり、大きく変わったのが端末購入サポート「月額割引」が廃止となったことです。

総務省のガイドラインにより、大幅な端末の割引が難しくなりました。月額割引を利用した実質540円という様な端末は姿を消し、10月1日からは端末価格が値下げされ販売される様になっています。

肝心の自己負担の増減ですが、これは機種に寄る部分が大きく、激安だった機種は大幅に上昇、そこそこだった機種は様々です。

次の表は、新旧制度による端末の販売価格(実質価格)を比較したものです。実質価格は、旧プランSで算出しています。

機種名 実質価格
~2019年9月30日
販売価格
2019年10月1日~
iPhone 7 128GB 60,156円 46,584円
iPhone 7 32GB 47,196円 26,784円
iPhone 6s 128GB 13,500円 26,784円
iPhone 6s 32GB 540円 16,344円
HUAWEI P30 lite 26,460円 21,384円
かんたんスマホ 21,276円 28,584円
Androidone X5 26,460円 46,584円
Androidone S5 9,612円 14,184円
AQUOSケータイ3 10,908円 17,712円
DIGNOケータイ2 10,908円 17,712円
AQUOSケータイ2 5,724円 6,912円
Simply 540円 10,512円

旧制度で激安だった「iPhone 6s 32GB」「Simply」は大幅に上昇しています。実質540円という異常な価格だったので、これは仕方がないです。「iPhone 6s 128GB」やケータイ機種も全般的に安かったので全体的に大幅に上昇しています。

「iPhone 7 32GB/128GB」「HUAWEI P30 lite」は、自己負担が下がっています。P30 liteは、全機種のなかで一番値下げ幅が大きいです。iPhone 7は、1-2ヵ月前に値上げされたため、大幅な値下げとなっています。

全体的に見ると、旧制度の実質負担の方が安かったですが、販売価格が下がったことで激安端末を除けば自己負担は若干の上昇に収まっています。尚、後述のキャンペーンを使えば、自己負担が下がるので縛りなしや解除料0円を考慮すると新制度の方が契約しやすくなったと言えるかもしれません。

36回分割払いが追加

支払方法は、旧制度では一括/24回払いの2種類でしたが、新制度では一括/24回/36回払いの3種類となっています。

プランSの36回払いなら「iPhone 6s 32GB」が2,632円/月、「HUAWEI P30 lite」が2,772円/月、「かんたんスマホ」が2,972円/月と機種代金を含んでも安価に維持できます。

「SIM単体契約特別割引」廃止

10月1日以降、「SIM単体契約特別割引」が廃止となっています。

「SIM単体契約特別割引」は、SIMを単体契約すると、旧プランSで400円/月、旧プランM/Lで600円/月が24ヵ月割引され、ワイモバイルでは「月額割引」と並んで使える制度の1つでした。

新プランでは、基本使用料が300円割引されたので恩恵が減っていますが、新プラン以上に安く使えたので廃止されたのは非常に残念です。

オンラインストアが事務手数料無料キャンペーン

10月1日よりワイモバイルオンラインストアが事務手数料無料キャンペーンを実施しています。

事務手数料は、通常3,000円かかるので大きな負担軽減となります。月額割引が廃止され、端末購入の自己負担が上昇しましたが、事務手数料無料キャンペーンにより差に縮まります。逆に使わなければ、自己負担が増えてしまうので積極的に使っていきたいキャンペーンです。

まとめ

ワイモバイルの分離プラン導入による状況を確認してみると、激安端末はなくなりましたが端末価格の上昇はそれほどでもなく、基本使用料の値下げで長期間安心して使えるようになり、また2年縛り・最低利用期間の廃止、解除料0円など利用者としてはかなり恩恵があるように思えます。

新規割が適用となる7ヵ月目までが最もコストパフォーマンスの良い期間になりますが、割引が終了しても700円の上昇とこれまでより上昇幅は少なく、基本使用料が値下げされたことで長期利用も悪くありません。仮に問題が生じても、縛りや解除料もないので乗り換えも容易と今のところ悪い点がありません。

唯一と言えるのが、UQ mobileの新プランで導入された、かけ放題分離がない点くらいです。18分程度の通話で元が取れてしまうのでかけ放題込みが問題とは思いませんが、UQ mobileの割引なしで1,980円というのはインパクトはあります。通話をほとんどしないユーザにも魅力的なプランだと思います。UQ mobileの新プランが発表された後、ワイモバイルから修正プランの発表があるかと思いましたが、今のデータ容量増量のみに留まっています。

最後になりますが、ワイモバイルの新プラン/新制度は、最初に発表されてから何度か修正されていることもあり、情報が掲載されたタイミングにより現在と異なる場合があるので注意してください。

このページに記載してある情報は、最新となるよう掲載前に情報を再度確認しているので大丈夫だと思いますが、念のため公式サイトでも確認するようにしてください。

-SIM

Copyright© Te Mobi , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.