Te Mobi

格安SIMとSIMフリースマホの情報をお届けするブログ

ワイモバイル、2年縛りなしの新プランを発表 月額1,480円~

投稿日:

ソフトバンクは、分離プラン義務化に対応するワイモバイル向けの新料金プランを発表しました。新料金プランは、10月1日から提供されます。

ワイモバイルの新料金プランは、これまでより安く、契約期間の縛りなし、解約時の解除料なし、というのが特徴です。

新プラン「スマホベーシックプラン」

新料金プランは、これまでと同じくデータ通信容量の異なる3種類となっていますが、名称が「スマホベーシックプラン」、プランもS/M/Rの3種類へと変わっています。

プランLが廃止、プランRが追加

新料金プランの大きな変化として、データ通信容量14GBのプランLが廃止され、容量の少ない10GBのプランRが追加されています。

各プランの料金差は、新旧プランとも+4GBにつき+1,000円で同様です。大容量に割引があったわけではないので、新プランRの料金も素直に新プランMの+1,000円の4,680円となっています。

基本料金300円値下げ

これまでとデータ通信容量の変わらないプランS(2,980円→2,680円)、プランM(3,980円→3,680円)で料金が300円値下げされています。

プランRは、旧プランにはありませんが、新プランMに+1,000円となるので300円値下げと考えら、全プラン共に値下げされたと言えます。

「新規割」が追加

新料金プランには、他社からの乗り換え(MNP)を対象として、契約翌月から6ヶ月料金が700円割引となる「新規割」が追加されています。

割引適用時の支払料金(6ヶ月間)は、プランSで月々1,980円です。最安1,480円は、おうち割+新規割適用時の料金なので間違えないよう注意してください。

尚、1年間料金が1,000円割引となる「ワンキュッパ」が廃止されてることとなり、単純に割引額が12,000円(1,000円×12ヵ月間)から4,800円(700円×6ヶ月間)へと半分以下に下がることになります。

契約期間縛り、解除料なし

新料金プランは、2年毎の更新(2年縛り)や期間途中の解約に発生した解除料が廃止となっています。

新規割により割引額が減額されてしまいましたが、2年縛りと解除料(9,500円)を考えるとかなり契約しやすくなっています。

プランRのデータ増量キャンペーンは3GBのみ

データ増量キャンペーンは、旧プランではデータ通信容量が1.5倍となっていましたが、新プランではプランS/Mは1.5倍、プランRは3GB増量と変則的です。

旧プランLだと14GBの1.5倍で21GB使えるので、大容量を求めている方には旧プランの方が圧倒的にお得です。

増量期間が2年間、500MB増量は、これまで通りです。

現ユーザはおトクにならず?

現ユーザは、条件付きで新プランに変更が可能です。条件は、下記のいづれかに該当する場合です。

  • “ワイモバイル”を継続して2年以上ご契約していること
  • 機種変更と同時に変更後対象プランにプラン変更すること

条件に適合した場合、契約解除料が免除されます。

それ以外の変更については、現ユーザは、2019年9月12日よりスマホベーシックプランR/スマホプランRへの変更を受け付けが可能とされています。

スマホプランRは、基本使用料4,980円/月、高速データ通信容量10GB/月)の2年単位の契約(自動更新)、契約解除料9,500円という、旧プランMとLの中間に位置するプランです。

このため、現ユーザは、条件を満たさない場合、おトクな新プランS/Mには変更できず、使えるのは新プランR(または旧プラン仕様のプランR)のみということになります。

まとめ

ワイモバイルの新料金プランは、契約期間や解除料がなくなり、料金も安くなるという非常に契約しやすいプランとなっています。

しかし、まだ発表はありませんが、恐らく月額割引が改定(割引額が減額)されるので、トータルで見るとどうなるかは未知数です。

SIM単体契約なら新料金プランが良さそうですが、端末セットなら見極めが必要になりそうです。

-SIM
-

Copyright© Te Mobi , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.