ワイモバイル、20GBで月額4,480円の新プラン「シンプル20」を2020年12月下旬に提供

ソフトバンクは、ワイモバイルのスマホ向け新料金プランとして、「シンプル20」を2020年12月下旬に提供すると発表しました。

新料金プラン「シンプル20」は、高速データ通信容量20GB、10分以内の国内通話が何度でも無料になる料金プランで、月額4,480円(税抜、以下同)で利用できます。高速データ通信容量を超過した時の通信速度は最大1Mbps。

「データ増量オプション」「新規割」「おうち割 光セット」「おうち割 でんきセット」「家族割引サービス」は適用されないため、現行のメインプラン「スマホベーシックプラン」とサービス内容が異なります。

既存プランの方がお得に使える?

スマホベーシックプランには、高速データ通信容量14GBで月額4,680円のプランRが存在するため、新料金プランと同価格帯に2つのプランが存在することになります。

新料金プランの方が若干好条件に見えますが、新料金プランは、各種割引の適用がないため導入からのコストが高くなります。

シンプル20とプランRの導入からのコスト比較

プラン月額料金期間合計
2-7ヵ月目8-12ヵ月目
シンプル204,480円49,280円
プランR3,980円4,680円47,280円
プランR+家族割3,480円4,180円41,780円

プランRは、データ増量無料キャンペーンで1年間14GB→17GBが追加料金なしで利用可能、且つ、新規割で2-7ヵ月目まで月額700円割引(月額3,980円)で利用できます。家族割適用なら更に安くなります。13ヵ月目以降は、データ増量無料キャンペーン終了により、データ容量的にもコスト的にもシンプル20が優位になります(17GB→14GBに減、月額500円増)。

利用可能なデータ通信容量が3GB少なくなりますが、単独回線でもプランRで開始し、データ通信の消費容量と相談しながらデータ増量無料キャンペーンが終わる8ヵ月~1年後までに最終的なプランを確定するのがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました