iPhone SE 第2世代でIIJmio eSIM(データプランゼロ)レビュー

iPhone XS/XS Max、XR以降のiPhoneシリーズに搭載されている「eSIM」。

eSIM(embedded Subscriber Identity Module)は、スマートフォンに内蔵されている書き込み可能なSIMのことです。「プロファイル」と呼ばれるデータをダウンロードしてeSIMに書き込むことで、従来型のSIM(以下、物理SIM)と同じように電話やインターネットなどの通信を利用出来るようになります。

まだ、eSIMを搭載している機種が少なく、eSIMサービスを提供している会社が限られる状況もあり、普及には至っていませんが、物理SIM+eSIMのデュアルSIMを搭載するiPhoneやPixelシリーズなどの機種でFOMA SIMを使いたい時に無くてはならない機能です。

今回、IIJmioのeSIMサービスを使ってみたので簡単にレビューしてみたいと思います。

IIJmio「eSIM(データプランゼロ)」

今回試したeSIMは、IIJmioのeSIMプラン「eSIM(データプランゼロ)」です。

eSIM(データプランゼロ)概要

初期費用 3,000円
月額料金 150円/月
追加データ量 1GB 300円
2~10GB 450円
低速 なし

eSIM(データプランゼロ)は、基本データ量を持たないデータ専用プランです。低速モードが提供されていないため、追加データ量を買わなければデータ通信が使えませんが、データ通信を使わない月なら月額150円の低額で維持できます。

追加データ量は、1GBが300円、2-10GBが450円と変則的。繰り越しはなく、追加した月の月末までしか使えません。1GBの維持費が450円/月(150円+300円)は、イオンモバイルより安く、恐らくMVNO中最安です。2GB以降になると割高になるため、月1-2GBの低消費ユーザをターゲットにしたプランだと思います。

毎月ある程度のデータ量を消費するなら、もう1つのeSIMプラン「eSIM(ベータ版)」が使えます。eSIM(ベータ版)は、データ量が定量(6/20/30GB)のeSIMプランです。6GBプランが1,520円、20GBプランが3,100円、30GBプランが5,000円と一般的な料金です。低速(200kbps)が使えます。

iPhoneでeSIMをアクティベートする方法

用意するもの

eSIMの申し込み方法は、物理SIMと同じく公式サイトから申し込むだけなので省きます。

  • eSIM機能を搭載するiPhone
  • eSIMアクティベーションコード
  • インターネット回線
  • (QRコードを表示するデバイスまたはプリンタ)

eSIM機能を搭載するiPhone(iOS 12.1 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降)を用意します。iPhoneがSIMフリーまたはドコモで購入した端末以外の場合、SIMロック解除の手続きが必要になります。

eSIMアクティベーションコードは、スマートフォンでeSIMプロファイルをアクティベートするための情報です。主にQRコードの形で提供されます。アクティベーションコードの入手には、インターネット回線(Wi-Fiなど)も必要です。

アクティベーションコードは、QRコード以外に文字列でも提供されます。文字列の情報をiPhoneに手入力する方法でもアクティベート出来ますが、QRコードを読み取る方が圧倒的に楽なのでQRコードを表示するためのデバイス(PCや別のスマホ)があると便利です。QRコードを印刷して読み取ることも可能です。

eSIMアクティベーションコードの入手

アクティベーションコードは、会員専用ページのサービスの各種変更・利用状況照会からeSIMサービス会員ページへと進み、アクティベーションコードの確認をクリックするとQRコードが確認できます。

アクティベートするサービスコードを選び、決定ボタンを押すとQRコードが表示されます。

アクティベーションコードは1度しか使えません。この性質のため、他の端末と共有するという使い方は出来ません。同じ端末でも再読み取り不可なので不必要に端末からeSIMプロファイルを削除しないよう注意してください。

アクティベーションコードを再発行することで他の端末でも使える様になりますが、再発行費用として200円が発生します。正確には、アクティベーションコード再発行費用は無料ですが、SIMの再発行費用として200円が発生します。

iPhoneでeSIMプロファイルをアクティベートする

iPhoneでeSIMをアクティベートするには、「設定」>「モバイル通信」と進み、「モバイル通信プランを追加」を選択します。

選択するとカメラが起動するので、アクティベーションコードのQRコードを読み取ります。正常に読み取られると、プロファイルのダウンロードが行われます。

ダウンロードが完了すると、インターネットに接続出来るようになります。APN設定などは不要です。

IIJmio eSIMのパフォーマンス

Googleのインターネット速度テストを使ってIIJmio eSIMのパフォーマンスを計測してみました。

結果は、昼の混雑時は1Mbps未満まで速度が落ち、それ以外の時間帯は高速に使えるという一般的なMVNOといった感じです。

500kbps程度の速度が安定して出ていればブラウジングやメール、音楽再生なら支障なく使えます。動画の視聴は難しいですが、eSIM(データプランゼロ)が低消費向けのプランという特性を考えれば意識する必要はないと思います。一方、容量の多いeSIM(ベータ版)を使う場合には意識した方がよさそうです。

会員専用ページ

アクティベーションコードの確認、データの追加購入/残量の確認などは、eSIM用の会員専用ページから行います。

アクティベーションコードの再発行もこのページから可能です。手続き完了から10~15分くらいで再発行され確認できるようになります。

データ残量の確認の度に会員専用ページにアクセスする必要があるのが少々煩わしいです。

クーポンON/OFFアプリ「IIJmioクーポンスイッチ」には対応していないらしくログイン出来ませんでした。専用アプリが欲しいところです。

まとめ

eSIMは、iPhoneでデュアルSIMを使うための機能としてだけでなく、申し込みから短時間で開始可能、SIMカード挿入にケースの着脱不要、QRコードの読み取りだけで設定が可能など、物理SIMより利便性が高く、早く一般化されて欲しいと感じるほど利便性が高いです。

一方、アクティベーションコードを使い回せないというのが運用する上でのネックに感じます。ただし、IIJmioの場合、アクティベーションコード再発行にかかる費用や時間が少なく、また、複数端末で共有する使い方は私を含め少数派だと思うので大きな問題と言えないかもしれません。

IIJmioのeSIM(データプランゼロ)は、維持費が安く経済的です。FOMA SIMなどの通話専用回線と組み合わせるデータ回線用として特に相性がいいですが、データプランゼロの1GBで450円/月の料金プランは、他のMVNOの1GBプランやデータ容量追加費用と比較しても安いので主回線、予備回線のどちらにも使えます。

IIJmioがeSIMを1円で始められる「eSIMお試しキャンペーン」を実施しているので興味のある方は試してみてください。最低利用期間1ヵ月、解約料無料なので気軽に始められます。

キャンペーン特典は、eSIMデータ専用プランの「eSIMプランデータプランゼロ」「eSIMプラン(ベータ版)ライトスタートプラン」の新規申込にかかる初期費用3,000円→1円になります。

データ専用プランなら解除料がかからないので、eSIMを始めてみたい、試してみたいという方に最適な機会です。

キャンペーン期間:2020年9月10日~2020年11月30日

申し込みの際は必ずIIJmio公式サイトをご確認ください。プラン内容やキャンペーン情報はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました